HOME
在宅ワークで稼ぐ! 在宅ワークNO1 在宅ワークNO2




在宅ワークで稼ぐ!



「在宅ワーク」の言葉を聞いてどのようなイメージを抱きますか?私は「内職」です。私がまだ幼かった頃、母親は家計の足しになればと当時寿用や正月用の割り箸セットを作ってました。一袋に箸が10本前後(?)<←記憶が定かでないので・・。>入れダンボールに入れてたのを覚えてます。ダンボール何箱分も作っても1月の給料は5000円前後であったのを覚えてます。今は、私を始め皆独立したので暇つぶしがてらに近所の人とわいわい言いながら箸入れをしています。



このように、私が抱いてる内職は「1日中部屋で作業する・・。」「報酬は少ない・・。」と言うイメージになります。たまに新聞の折込チラシに入ってる求人募集を見ても押し花の内職など興味はあるけど報酬は(?)が見受けられます。そのため、私は、どうしても、在宅ワーク=内職が強いため、このサイトでは紹介はしたくありませんでした。(在宅ワークはあくまで内職、つまりモノ<商品・データ等>つくりを企業が依頼するものであって、お小遣いサイトとはまたカテゴリーは別だと考えてます。)しかし、インターネットで在宅ワークについて調べていくと、一昔の内職とは違い、シンプルにかつ効率的に儲けることができるシステムであると勉強しました。そこで、私が、一つ一つ在宅ワークについて調べていった企業を調べていきましたので、興味があれば、どんどん資料請求や問い合わせをして在宅ワークで儲けて下さい!



ただし、この便利な在宅ワークには悪徳商法が含まれているのが実情です。仕事をするのに、何十万円もするような高額なソフトの購入を迫られ、「収入分ですぐに取り返すことができる。」と言葉巧みに契約に持ち込むケースが有名です。このような業者は仕事を斡旋する気はなく高額な商品を売りつけることに特化したものと言えます。また、「私はこのビジネスに出会い収入が100倍になりました!」、「とにかく、登録を!」、「必ず稼げます!」等あたかも、自分もそのような収入を得ることができると錯覚してしまうような広告も要注意です。



当サイトは信頼できる会社(会社の所在地、連絡先、費用がどれだけかかるのか等プラスの情報とマイナスの情報も開示している。)のみ厳選採用しています。ですが、先に記載したように資料請求や問い合わせを行い自分には向いてると判断の上で業務に従事しましょう。





それでは、次ページより在宅ワークについて紹介していきます。

⇒在宅ワークNO1はコチラ

⇒在宅ワークNO2はコチラ





■免責■
当サイトでの情報により期待した結果が得られなかった等如何なる不利益損害等発生したとしても責任を負いかねますのでご注意下さい。自己の責任の下で行って下さい。
Copyright(C)2005儲けるベストコレクションAll Right Reserved
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO